--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
草大好きのはなつくにご訪問・コメントありがとうございます!
単なる、道の雑草と言いますか、近所の公園の草です。
でも、すごく良い反応(^^)
はなもつくねも、天然物がお好きなようですね。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


それでは本日の更新です!
前回の更新で、『悲しいことが起きた』なんて言っておきながら、
次の更新が出来ずに、心配かけっぱなしで申し訳ありません!!

決して、生死にかかわる一大事とかではありませんので、ご安心ください。
タイトル通りなのですが・・・

はい・・・


一年以上ぶりに・・・つくね入院してしまいました(≧へ≦)



けど、入院生活何日も経ったのもあり、
こんなにイキイキしたお顔に戻ったので、
元気なつくねを見てやってください。
(暗がりのケージ内をスマホ撮影なので、ブレブレでゴメンナサイね)




つくね・・・また入院しています01
あぁ!母ちゃんだ!お見舞いに来てくれたの~!?



最後に入院したのは、昨年の5月のことでした。



つくねは、なぜか肝臓の数値であるGPT(ALT)が高くなってしまいます。
猫の正常値は22~84ですが、
昨年5月の退院後の定期検査ではだいたいGPTは400以下を記録し、
正常値よりは高いけれど、つくねはそれくらいなら普通に過ごせるから安心していました。


体重だって、12月の時点では4㎏ちょっとあったのです。

お顔も丸々していて、キュートさに磨きがかかっていました(親バカ)

それなのに・・・



つくね・・・また入院しています02
母ちゃん!母ちゃん!母ちゃ~ん!!




つくねの好き嫌いは尋常じゃない激しさで、
アレルギー用の療法食はあっという間に飽きてしまい・・・

一番小さいサイズの500gを購入しても全部食べ切らないうちに、
『もう、ボクこのゴハン嫌だ・・・もう食べない・・・』ってのが続いていました。

だから、小袋のサンプルで凌いだり、
なかなか食べ物に関しては難しい日々が続いていました。



4㎏以上あった体重は、みるみる減っていき、
3.8・・・3.7となっていき、

今年7月頃はすでに3.65㎏になっていました。

それでも、食べてはいたのです・・・一応・・・。


つくね・・・また入院しています03
ねえ~、ボク入院つまらないよぉ~。まだ帰れない?




丸々していたお顔も、なんだか逆三角形になってしまい・・・
食べて欲しいのに・・・痩せちゃう・・・。


そして、つい最近のこと、8月7日の久々の検査では、


GPT 360 (猫の正常値は22~84)
ALP 209 (猫の正常値は38~165)
BUN 25.6 (猫の正常値は17.6~32.8)
CRE 2.1  (猫の正常値は0.8~1.8)

となっていました。


肝臓の数値は落ち着いているね、
それより、なんか腎臓の数値が上がって来ちゃってるね。若いのに・・・。
という話になっていました。

クレアチニン2.1なら、まだ焦るほどの数値ではないと思いますが、
それでもつくねの若さならまだ上がって欲しくない数値です。



なので、念のため一か月後に再検査しようねって話になっていたのです。



アレルギー食が果たして効果出ているのかわからないし、
数値が安定してるのはウルソのおかげな気もするし、
ここらで腎臓用の療法食にしてしまうのも手かもねって話もしていたのです。



つくね・・・また入院しています04
撫でて~!もっともっと撫でて~!うふぅ~♪



ところが、つくねの数値は本当に急激に変化するようで・・・


もともと食べが悪いとは思っていたけど、
8月23日には全く食いつかなくなってしまい・・・

大好きなシーバすら、見ても渋々食べる感じ・・・


動かずジーッと過ごしていました。


これは一大事だ!絶対また肝臓の数値が上がってるに違いないと確信。
病院へ連れて行くことになりました。


その結果、



GPT  4090 (猫の正常値は22~84)
ALP  209 (猫の正常値は38~165)
BUN  20.6 (猫の正常値は17.6~32.8)
CRE  2.1  (猫の正常値は0.8~1.8)



あぁ(≧□≦)
またGPTがとんでもない数値になってしまいました・・・。


しかも、血漿が黄色いではないか~(≧へ≦)

採血して、生化学検査(GPTとかALPなどを見る検査)をするには血液を遠心分離して、
血漿の部分で計測します。
人間の血漿は黄色いのが正常ですが、犬猫は透明なのが正常です。
つくねは、やや黄色・・・つまり、やや黄疸が出ている事になります。

念のため、ビリルビンの数値も計りましたが、
T-Bil 1.1 (猫の正常値は0.1~0.4)

まあ、血漿やや黄色なら当然ですかね。
例えば、胆管閉塞な起こるとこの数値はグーンと上がってしまいますが、
つくねはそんな事はないという事です。


ごめんね、つくね!!!
黄疸が出ているなんて全く気付いてあげられなかった(T□T)

我が家の猫トイレはニャンともなのですが、すのこの下はペットシーツを敷いてます。
なので、ペットシーツが黄色いかもとは思う事もあったのですが・・・
はなも同じトイレでオシッコをするので、薄まってしまうので、わかりづらかったのです・・・。


でも、入院して紙の猫砂にオシッコしたら・・・
真っ黄色ではないか(≧□≦)

本当にゴメンね。
気づいてあげられなくて、本当にゴメンね。
もっと早く病院行くべきだったね。
8月最初の数値が落ち着いていたから、大丈夫だと思っちゃってたの。
本当にゴメン・・・。



しかも・・・体重が3.4㎏にまで落ちていました(T□T)


成猫の男の子なのに、こんな体重なんて~!!!


この体重の減りっぷりや、肝臓の数値から、
以前は一応シロと見ていた門脈シャントもやはり疑うべきか??と、
超音波(エコー)検査も今一度してもらいましたが、
(つくねの肝臓、モヤっと見づらいのです。けど、エコーの機械を新しくしたので、今度は見やすくなったはず!)


けど、どうやらシャントはなさそうです。
ホッ。



つくね・・・また入院しています05
でもね、ボクは静脈点滴が効果出やすいから大丈夫!
みなさん安心してね!




はい、そうなのです。
つくねは、静脈点滴がものすっごく効果出る子。


4000超えのGPTでしたが、
8月26日の再検査では、

GPT  1872 (猫の正常値は22~84)
ALP  208 (猫の正常値は38~165)
BUN  22.7 (猫の正常値は17.6~32.8)
CRE  1.9  (猫の正常値は0.8~1.8)


となりました。


まだ、退院出来る数値ではありませんが、
しっかり静脈点滴をして、下げるだけ下げて、
きっと来週には退院・・・できます!絶対!!




つくね・・・また入院しています06
みなさん!ボク、退院して元気にまたブログ登場するね!
だから待っててね!




おそらく、来週半ばの再検査でグーンとGPTが下がって、帰って来れるだろうと、
今までの入院経験からそう思っています。

入院中は、腎臓食のサンプルをもらって食べてもらってるのですが、
きちんと食べているようです。


オシッコも点滴効果できっちり薄まり、
血液の血漿ですが、まだやや黄色いですが最初よりさらに薄まりました。


長々と申し訳ありません。


つくね、またしても入院になってしまったのは、
sallyとしてはやはりショックであり悲しいです。

治し方がわからないというか、投薬していても治るものではないという事になり、
こうして急激に数値が上がる・・・
予防もしてあげられない・・・
どうすれば良いのやら(TへT)

けどけど、つくねが頑張っているのだから、
泣き言いってられません!

はなと共に、待ってるからね~!!!




ランキングに参加しております。
ポチッと応援していただけると、とっても嬉しいです!
1日1回クリック、応援よろしくお願いします。
ありがとうございます!

Secret

TrackBackURL
→http://niseamesyo.blog64.fc2.com/tb.php/2061-0c68434c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。